Fandom

Dr.スランプ Wiki

Dr.スランプ アラレちゃん

51このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする
Dr.スランプ > Dr.スランプ アラレちゃん
Dr.スランプ アラレちゃん
ジャンル ギャグ
アニメ
原作 鳥山明
監督 岡崎稔(チーフディレクター)
キャラクターデザイン 前田みのる
音楽 菊池俊輔
アニメーション制作 東映動画
製作 フジテレビ・東映
放送局 フジテレビ系列
放送期間 1981年4月8日 - 1986年2月19日
話数 全243話
コピーライト表記 ©鳥山明/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
テンプレート使用方法 ノート
ウィキプロジェクト アニメ
ポータル アニメ

Dr.スランプ アラレちゃん』(ドクタースランプ -)は、鳥山明の漫画『Dr.スランプ』を原作とするテレビアニメ作品。

1981年(昭和56年)4月8日から1986年(昭和61年)2月19日まで、フジテレビ系列で水曜日19:00 - 19:30に放映。映画化もされた。

作品解説

少年漫画]雑誌『週刊少年ジャンプ』に掲載されていた鳥山明の漫画『Dr.スランプ』を原作としたアニメの第1作。1981年4月8日から1986年2月19日にかけてフジテレビ系列で放送され、大ブームを巻き起こす。

本作についてはアニメ化の際、主な製作会社はもとより、在京キー局までもがアニメ化権利を巡って争奪戦を繰り広げたが、当初、ジャンプ編集部と鳥山はどちらかといえば乗り気ではなかったと言われる。当時多くの出版社がそう考えていたように、読者がアニメを見て事足りてしまい、雑誌や単行本の売れ行きが落ちるのではないかと懸念したためである。

その様な状況の中、フジテレビは当時編成局長の職にあった日枝久が何度も集英社を訪ねて要請したというほどの熱烈なオファーを続け、その熱意に集英社側が応える形でアニメ化が許諾された。また、この際にはテレビ局の局長級幹部[1]が繰り返し訪れた事で、ついには集英社側の経営陣もことの成り行きを傍観していられなくなり、最終的には「もはや、雑誌編集部とテレビ局のアニメ部門の問題ではなく、集英社とフジテレビの全体の問題である」として、事実上の経営判断という形でフジテレビでのアニメ化を許諾したというエピソードがある。

このアニメの放映開始は、単行本の大幅な部数増、これに派生したキャラクター商品による版権収入など、集英社の想像をはるかに超える莫大な相乗効果を生み出した。それは集英社そのものの業績にまで影響を及ぼすほどの規模であり、これ以後、集英社は自社作品のアニメ化に積極的になり、後続の諸作品についても次々とアニメ化をされてゆくこととなる。また、本作で組まれた「集英社・東映動画(現・東映アニメーション)・フジテレビ」の組み合わせの放映枠は、本作以後も『ドラゴンボール』『ONE PIECE』と四半世紀を超えて続き、現在でもスポンサーを含む関連各社にとって大きな収益源として機能している。

放送終了後の2006年12月30日には、『脳内エステ IQサプリ第100回超特大生放送』内のコーナー「IQミラー」で第1作を基にしたアニメを放送。翌2007年には全話を収録したDVD-BOXを発売。TVシリーズ後半を収録したDVD-BOX『ほよよ編』の発売にあわせ、2007年6月29日深夜2:50 - 3:50に特番として中川翔子とフットボールアワーが登場人物のキャラクター紹介やベストエピソードなどを紹介する『Dr.スランプアラレちゃんSP 〜うほほ〜い!帰ってきちったの巻〜』も放送された。

アラレちゃんショック

本作は女子中高生にも人気を博し、文房具関連の商品も絶好調で、ブームのピーク時の文具店では売上の50%以上を占めることも珍しくなかった。

しかしブームは1982年11月のあたりで終息傾向となっていったがそれを知らない親たちが子供たちを喜ばせようと、クリスマスプレゼント向けに本作の文具を買いこんだため12月の年末商戦期に入っても売れ続ける。そのため小売店に「この調子なら1月になってもいける」と判断させ、正月のお年玉商戦に向けて継続して大量に文具を入荷させるも、1983年1月に入って対象年齢層が自分で買うようになると見向きもされなくなり、結果、キャラクター文具の市場が急激に縮退し、小売店には大量の不良在庫が発生した。

この状況を文具業界では「アラレちゃんショック」と呼ぶ[2]。この一件以降、文具業界はテレビキャラクターの関連商品に警戒心を持ち、小売店側でも文具のみならず各種キャラクター商品の入荷量・在庫量などについて一層の注意を払うようになった。

視聴率と人気

ビデオリサーチの関東地区での調査で、平均視聴率23.8%。1981年12月16日の回(第34話「地獄の使者チビルくん」)で、最高視聴率となる38.1%を記録した。2010年現在、「ちびまる子ちゃん」「サザエさん」に次ぐ歴代高視聴率第3位となる数値とされている。

なお、1964年には『鉄腕アトム』が40.3%という『ちびまる子ちゃん』を凌ぐ視聴率を記録しているが[3]、当時は日記式の視聴率調査であり、自動的に視聴率を測定する現行のオンラインメーター方式は1977年以降の導入である[4]。本作のアニメ視聴率3位の記録は、関東地区の1977年9月26日以降の調査においてという但し書きがついている。

東海三県では関東以上に視聴率が高く視聴率40%超を記録している[5]。本番組の人気により、日本テレビの裏番組の『鉄腕アトム』は視聴率が4%から5%と低迷した[5]

原作が週刊少年ジャンプ1984年39号で連載を終了し、これほどの人気を集めた本作も連載終了後は勢いに陰りを見せ始めた。原作漫画のネタを使い切った1985年3月以降はアニメオリジナルストーリーとし、テーマソングを変更するなどリニューアルを図ったがかつてのような勢いを取り戻すことはできなかった。とはいえ、1985年の年間平均視聴率は18.3%を維持した。翌年2月、同じく鳥山原作の『ドラゴンボール』と交代するかたちで放送を終了した(最終回の視聴率は27.6%)。

ネット局に関しては、新潟県の新潟総合テレビと福島県の福島テレビは1983年9月までは遅れネットで同年10月より同時ネットとなった。これは両局のクロスネットが解消されたためである[6]。また、鹿児島県では開始当初、TBS系の南日本放送で時差ネットされていたが、1985年4月からはフジテレビ系列局の鹿児島テレビへ番組が移動した。しかし移動後も時差ネットで放送された[7]。さらに、テレビ山口とテレビ大分については、フジテレビ系列局でありながら、開始から終了まで、一貫して放送日時を差し替えていた[8]

番組終了後の後番組『ドラゴンボール』は、全シリーズを合わせると1997年11月19日まで続き、その後は本作のリメイク版『ドクタースランプ』が1999年9月22日まで放映されたので、この枠では鳥山明原作のアニメが延べ18年半続いたことになる。なお、前述の通り『ドクタースランプ』の後番組『ONE PIECE』も「集英社・東映アニメーション・フジテレビ」の製作体制が継続している。

なお、特別番組やスポーツ中継で番組が返上されることは滅多になかった[9]

この番組は1997年より北朝鮮でも許可を得ない違法ではあるが放送されていることが確認されており、1997年当時、これを報じた毎日新聞社会面の見出しは「北朝鮮でも『んちゃ』」だった。

登場人物

詳細はDr.スランプの登場人物を参照

スタッフ

放映リスト

※ 話数が多いため、伸縮型のメニューとして掲載する。

主題歌・挿入歌

オープニングテーマ

「ワイワイワールド」(1話 - 197話、240話 - 243話(最終話))
作詞 - 河岸亜砂 / 作曲 - 菊池俊輔 / 編曲 - たかしまあきひこ / 歌 - 水森亜土こおろぎ'73

同じ鳥山が原作を手掛けたアニメ『ドラゴンボールZ』では、ブルマの実家の電話の保留メロディーで歌い出しの部分がアレンジされて使われた他トヨタ・ポルテのCMに替え歌として転用された[10]

「わいわい行進曲」(198話 - 239話)
作詞 - 河岸亜砂 / 作曲 - 菊池俊輔 / 編曲 - たかしまあきひこ / 歌 - 小山茉美コロムビアゆりかご会

エンディングテーマ

「アレアレアラレちゃん」(1話 - 15話、25話 - 61話、76話 - 112話、174話 - 197話、240話 - 243話(最終話))
作詞 - 冬杜花代子 / 作曲 - サタンタ / 編曲 - たかしまあきひこ / 歌 - 水森亜土、こおろぎ'73
「アラレちゃん音頭」(16話 - 24話、62話 - 75話、113話 - 127話、167話 - 172話、213話 - 222話)
作詞 - 満都南 / 作曲 - 菊池俊輔 / 編曲 - たかしまあきひこ / 歌 - 小山茉美、コロムビアゆりかご会
「いちばん星み〜つけた」(128話 - 166話、173話)
作詞 - 河岸亜砂 / 作曲 - 菊池俊輔 / 編曲 - たかしまあきひこ / 歌 - 水森亜土
「あなたに真実一路」(198話 - 212話、223話 - 239話)
作詞 - 河岸亜砂 / 作曲 - 菊池俊輔 / 編曲 - たかしまあきひこ / 歌 - 堀江美都子

挿入歌

「パパパパーマのうた」(8、20話他)
作詞 - 金春智子 / 作曲 - 菊池俊輔 / 編曲 - いちひさし / 歌 - 杉山佳寿子
「空豆ロックンロール」(28話)
作詞 - 伊藤アキラ / 作曲 - 水谷公生 / 編曲 - 川上了 / 歌 - こおろぎ'73
「アラレちゃん登場!!」(31話)
作詞 - 伊藤アキラ / 作曲 - 水谷公生 / 編曲 - 川上了 / 歌 - 水森亜土
「アラレちゃんのララバイ」(32話)
作詞 - 冬社花代子 / 作曲 - 伊藤薫 / 編曲 - 高田弘 / 歌 - 水森亜土
赤鼻のトナカイ」(35話)
作詞 - 新田宣夫 / 作曲 - Johnny Marks / 編曲 - 小森昭宏 / 歌 - 小山茉美、内海賢二
「よいこよいこアラレちゃん」(36話)
作詞 - 河岸亜砂 / 作曲 - 菊池俊輔 / 編曲 - たかしまきひこ / 歌 - 小山茉美
「夢みるシンデレラ」(37話)
作詞 - 冬社花代子 / 作曲 - 菊池俊輔 / 編曲 - いちひさし / 歌 - 向井真理子ザ・チャープス
「んちゃんちゃソング」(37話)
作詞 - 鳥山明 / 作曲 - 菊池俊輔 / 編曲 - たかしまあきひこ / 歌 - 小山茉美、こおろぎ'73
「アラレのマーチ」(38話、243話)
作詞 - 河岸亜砂 / 作曲 - 菊池俊輔 / 編曲 - たかしまあきひこ / 歌 - 小山茉美、コロムビアゆりかご会
「ガッちゃんのうた」(54話)
作詞 - 冬社花代子 / 作曲 - 伊藤薫 / 編曲 - 高田弘 / 歌 - 水森亜土
「あこがれのスッパマン」(121話)
作詞 - 冬社花代子 / 作曲 - 菊池俊輔 / 編曲 - いちひさし / 歌 - 小山茉美、こおろぎ'73
「HAPPY ISLAND」(137話)
作詞 - さがらよしあき / 作曲 - 大倉正丈 / 編曲 - 山田功 / 歌 - ベター・ハーフ
「カジカジROCK'N ROLL」(148話)
作詞 - 冬杜花代子 / 作曲 - 大倉正丈 / 編曲 - いちひさし / 歌 - ベター・ハーフ
「オボッチャマンでこざいます」(157話)
作詞 - くのたかし、作曲 - 菊池俊輔、編曲 - たかしまあきひこ、歌 - 堀江美都子

映画

東映まんがまつり・東映アニメフェアで、以下のとおり映画化されている。

後半の4作品は『ちょっとだけ帰ってきたDr.スランプ』を下敷きとして製作されているため、原作とはキャラクターデザインなどがやや異なっており、センベエとアラレ以外の声優が一新された。スッパマンは、声優がそのまま『ドクタースランプ』に引き継がれた。
第1作目のみ1981年冬に東映セントラルフィルム系で 劇場版『宇宙戦士バルディオス』の同時上映作品として再映された。
1982年7月10日から同年8月22日の間に、映画の宣伝として瀬戸内海の無人島に2億円を投入して「アラレちゃんの島 ペンギン村アイランド」が作られた。開催期間の42日中、19日が雨で台風の影響による予約のキャンセルが35,000人もあったものの、103,500人の入場者があった。
復活版
原作は『月刊少年ジャンプ』2007年4月号に掲載された短編作品『ドクター・スランプ2007特別編 Dr.MASHIRITO ABALEちゃん』。
『ONE PIECE エピソードオブアラバスタ 砂漠の王女と海賊たち』と同時上映のショートムービーとして製作され、本作のキャストが演じている。後述する「特別編」各作品と共に、2009年8月21日発売の『Dr.スランプ 劇場版DVD-BOX』に収録されている。

特別編

  • Dr.スランプアラレちゃんの交通安全(交通安全教育フィルム)
  • Dr.スランプアラレちゃん あやや!?ペンギン村でテレビジャック(1981年7月25日『夏休み人気アニメ祭り アラレちゃん一家総登場!! 1000年女王の正体は!?』枠)
  • Dr.スランプアラレちゃんスペシャル ハートで勝負!なんでもOKオーチャくん/ペンギン村SOS!!((1981年10月7日)
  • Dr.スランプアラレちゃんスペシャル ペンギン村英雄伝説(1982年1月2日)
  • 帰ってきたDr.スランプアラレちゃんスペシャル(1990年12月31日)
  • Dr.スランプ アラレちゃん '92お正月スペシャル(1992年1月1-3日)

ゲーム

Dr.スランプ アラレちゃん
ジャンル アドベンチャーゲーム(ミニスケープ)
対応機種 ニンテンドーDS
開発元 ビットステップ
発売元 バンダイナムコゲームス
(バンダイレーベル) 
人数 1人
メディア DSカード
発売日 日本の旗2008年10月30日
価格 5,040円(税別)
対象年齢 CERO:A(全年齢対象)
  

ペンギン村を舞台に原作のエピソードを再編集した内容でストーリーが展開するミニスケープ要素を採り入れたアドベンチャーゲーム。プレイヤーはタッチペンでアラレを操作し、村人から頼まれ事を引き受けたり千兵衛の発明品で遊んだりしながら「わくわくポイント」を蓄積して行く。

キャラクターデザインは1981年版のアニメをベースにしているが、日時の経過やイベントのクリア状況により追加されるアラレのコスチュームには1997年放送のリメイク版をベースにしたものも存在する。

キャラメルマンを始めとする敵キャラクターとルーレット形式で戦闘を行うイベントもあるが、負けた場合でもゲームオーバーの概念は無く着用しているコスチュームがパジャマ姿に戻される以外のペナルティは存在しない。

脚注

  1. 一般的な企業で例えれば、部長と取締役の間くらいの位置付けとなる上級管理職にあたる。
  2. マーチャンダイジングライツレポート1986年3月号
  3. 引田惣弥『全記録 テレビ視聴率50年戦争―そのとき一億人が感動した』講談社、2004年、97頁、221頁
  4. 藤平芳紀『視聴率の正しい使い方』朝日新聞社、2007年、134-135頁。
  5. 5.0 5.1 「ずっこけアラレちゃん まじめアトムKO TVアニメホヨヨー人気の秘密」『中日新聞』1981年12月4日夕刊。
  6. NSTはテレビ朝日系とのクロスネットだった。FTVは1983年3月までTBS系とのクロスネット局で(但しFNSのみ加盟)、同年4月からはフジテレビ系フルネット局(JNN脱退、FNN加盟)にネットチェンジしたものの、9月までは視聴者保護のため、TBS系番組も番販ネットしていた(当番組の同時ネット化前の当該枠は『ぴったし カン・カン』の時差ネット)。
  7. 該当放送局がNTV系列とのクロスネット局だったため。
  8. 前者はTBS系との、後者はテレビ朝日系およびNTV系との、それぞれクロスネット局だった。
  9. 1985年10月16日には関西エリアでは阪神タイガース優勝試合の差し替えのために放送されないという事態が発生したことがあった。
  10. 歌詞にある「ぶたさんホーホケキョ」の部分は、初期バージョンでは水森が「ぶたさん?」と問いかけて、ぶたさんの声として「ホーホケキョ」が挿入される形式だったが、後に「ぶたさん?」「えっとえっと〜」に変えられている。視聴者から「あの鳴き声はおかしい」と苦情があったとされる。

外部リンク

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はDr.スランプ アラレちゃんにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki