FANDOM


プロフィール
Replace this image JA.svg
オボッチャマン
性別:男性
  


オボッチャマン

声 - 第1作・堀江美都子/劇場版・川島千代子/第2作・くまいもとこ

人物解説

物語後期の主要キャラクターの一人であり、Dr.マシリトアラレの構造をそっくり真似して作った少年型アンドロイド。そのため戦闘能力はアラレと同等で、アラレと同じ「ロボビタンA」をエネルギー源とし(ナプキンを着け、基本的には皿からスプーンでスープの様に上品に飲む)、オボッチャマンの体にアラレの頭を取り付けることもできる。ロボットでありながらチンチンが付いており、アラレがオボッチャマンの胴体を借りたときは珍しがっていた。きわめて礼儀正しく正義感の強い性格で、この物語きっての「常識人」である。ただし、妄想癖(特にアラレに関して)があり、度を越すこともしばしば。当初はDr.マシリトに「アラレと則巻千兵衛は地球征服をたくらむ敵である」と教えられ倒すためにやってきたが、アラレに一目惚れしてしまい、Dr.マシリトの野望は失敗する。その後、オボッチャマンもろともアラレを倒すためにキャラメルマン7号を従えてやってきたDr.マシリトにアラレをバラバラにされ、さらに「世界征服を狙っているのはこの私だ!」と真実を聞かされ、袂を分かつ決意をする。
「オボッチャマン」はジャンプの読者から募集した名前で、アニメ第1作ではみんなで名付け、第2作では自分で名づけた事になっている。アラレは「おぼっちまんくん」と呼ぶ。同型のアラレとテレパシーする能力がある。アラレと同じく「あいさつ砲」を発射でき、語尾に“…で、ございまぁ〜す!”が付く。手違いでDr.マシリトに追い出されてからはアラレのボーイフレンドとしてペンギン村に定住するようになり(スッパマンの留守宅を放棄された空き家と思い込み勝手に貰い受け、アラレの近所に家ごと運んで住んでいる。アニメ2作目では後にスッパマンに返却し、千兵衛に新たな家を作ってもらっている)、千兵衛から燃料のロボビタンAを分けてもらっている。第2回ペンギングランプリの借り物競走で「あなたの恋人」の紙を引いたアラレに選ばれた形で恋人宣言をされる。10年後の世界ではアラレと結婚しており、千兵衛から赤ちゃんロボットを密かにもらって幸せな家庭を築いていたようである。
アニメ第1作の第185話『さようなら!!アラレさん』の予告はその内容ゆえアラレに代わってオボッチャマンが担当している。これ以後もオボッチャマンが予告を担当するエピソードがいくつかある。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki